橋本充電中 タイトル

旅行・鉄道・競馬の話題を中心に、写真メインで雑記を書いています

雪の中、京王6000系を撮る

雪が降った先週土曜日(12日)、京王線の撮影に出かけてきました。


多摩モノレール経由で多摩動物公園駅に行き、ここから撮影開始。朝方は雪が上がり、一旦晴れ間も見えましたが、撮影開始する頃に再び曇り始め、また一降りきそうな雰囲気。


やってきた6000系に乗り、高幡不動まで移動。行先表示は「高幡不動」単独。

いつもの「高幡不動-多摩動物公園」の両駅表示じゃなかったのであれ?と思ったら、高幡不動到着後、一旦入庫してしまいました。ちょうど新宿から直通急行が入線する時間帯、こういう運用になっているんですねぇ。

とはいえ、6000系は急行を1本やりすごして、10分も経たないうちにすぐに出庫してきました。


数日前からヘッドマークの片方が、若葉台乗務区特製のものに交換されていました。今回初撮影。

ひと通り撮ったところで、駅を出て沿線で撮影。ちょうどこのあたりから小雪がちらつき始め、ベストな感じに。


京王動物園線はとにかく撮影しにくいロケーション。丘陵地を右に左に曲がりながら走るので、線路沿いの道路がなく、撮影ポイントもかなり限られています。沿線を走る多摩モノレールの駅から撮るという「荒業」もありますが…。

今回は高幡不動駅~程久保川付近で撮影。これで雪の中を走る6000系も最後なんだろうなぁと思ったら、14日(月曜日)にこの日を上回る大雪が降ったとさ。おしまい。

スポンサーリンク

この記事のタグ

この記事をシェアする

関連記事

前後の記事

▲ページトップへ戻る