橋本充電中 タイトル

雑記と写真の収蔵庫

関東・信州からバス大集合 第8回立川バスファン感謝イベント(後編)

立川バスファン感謝イベント

第8回立川バスファン感謝イベントの紹介記事の後編です。後編では展示会場に集まった各社のバスを紹介。

■「フレームアームズ・ガール」ラッピングバスの様子は前編で公開中。
「フレームアームズ・ガール」ラッピングバス初お披露目 第8回立川バスファン感謝イベント(前編)

展示車両

午後の撮影タイム(14:30~14:50)の様子を掲載します。撮影タイム以外はドアが開放され、車内に入れるようになっていました。

展示車両一覧

  • 立川バス M971号車 三菱ふそうエアロスターS(PKG-AA274KAN)すみっコぐらしバス
  • 西東京バス N11532号車 いすゞエルガ(QPG-LV234L3)にしちゅんラッピング
  • 国際興業 9501号車 いすゞキュービック(KC‐LV380L改)旧塗装復刻車
  • 立川バス J710号車 いすゞ 富士重工7Eボディ(KC-LV380L)
  • 中央アルプス観光 ちゅうあ6号車 三菱ふそうエアロスター(KL‐MP35JK)
  • 伊那バス 823号車 日野セレガR-GJ(KL-RU1FSEA)
  • シティバス立川 2014号車 三菱ふそうエアロエース(BKG-MS96JP)リラックマバス

立川バス M971号車

立川バス すみっコぐらしバス

立川バス すみっコぐらしバス

2015年3月からすみっコぐらしのラッピング・車内装飾を施されて運行中。

西東京バス N11532号車

西東京バス N11532

西東京バス N11532

八王子・あきる野・奥多摩など西多摩エリアで運行する西東京バスからは、マスコットキャラクターのにしちゅんのラッピングバスが登場。暑い中、にしちゅんも迫真のPR。

国際興業 9501号車

国際興業9501

国際興業9501

東京近郊ではすっかり見る機会の減ったいすゞキュービック。今回は飯能営業所に所属する9501号車が撮影会に登場。普段の運行情報は国際興業の公式Webサイトにて公開中。

【PR】飯能営業所管内「旧塗装復刻車」運用ダイヤ公開(6/25~) | 国際興業バス

立川バス J710号車

立川バス J710号車

立川バス J710号車

主催者の立川バスからは1997年式の古参J710号車が登場。フロントに掲出された車両紹介パネルによると、立川バスに所属する同形式の3台は今年度中に全車引退する予定。

立川バス J710号車

実は隣に止まっている国際興業の9501号車とは同形式(ボディ製作メーカーが違う)。ということで2台並んでの展示となりました。

中央アルプス観光 ちゅうあ6号車

中央アルプス観光 ちゅうあ6号車

ここからは関東以外からの参加。長野県駒ヶ根市に本社がある中央アルプス観光は1路線のみの運行。窓割りが個性的なエアロスターが武蔵村山へやってきました。

伊那バス 823号車

伊那バス 823号車

伊那バス 823号車

伊那バスからは高速バス仕様車が登場。ドアの横にセレガロゴがあるんですねぇ。バスの前に立つのは駒ヶ根市PRキャラクターのこまかっぱ。

シティバス立川 2014号車

シティバス立川 2014号車 リラックマバス

シティバス立川 2014号車 リラックマバス

このイベントでデザイン初公開となったリラックマバス・高速バスバージョン。時間の関係で車内に入ることが出来ず、車外から見ると車内のシートもリラックマ仕様になっていました。

当日運行中のバス

立川バス J717号車

立川バス J717号車

J710号車が展示されていた頃、同形式のJ717号車がイオンモールに乗り入れる系統で運行。イベント会場の横でプチ撮影会と化していました。

立川バス J776号車 ウドラバス

立川バス J776号車 ウドラバス

「立川市公認なりそこねキャラクター」のウドラのラッピングバスも登場。写真のオレンジ色バージョンは2016年に運行開始した2号車で、1号車は車体が緑色。

物販エリア

この記事のタグ:

スポンサーリンク

前後の記事

▲ページトップへ戻る