橋本充電中 タイトル

雑記と写真の収蔵庫

[C87]コミックマーケット87(2014冬) 3日目反省会

C87 反省会

この記事は、コミックマーケット87の3日目終了後に行われた反省会の様子を、手元のメモなどを参考に個人で簡単にまとめたものです。

今回のイベントについての正確な数字や出来事などの最終的なまとめは、「アフターレポート」として、後日コミックマーケット準備会公式サイトや次回カタログに掲載されます。

反省会

反省会の前に準備会公式キャラクターが登場し、スペシャル6の告知。

反省会スタート。

入場者数は1日目18万人・2日目17万人・3日目21万人で合計56万人(公式発表)。

企業ブース

1日目は迂回する動線で運用し、パンクせずに乗りきれた。会場側からも大きなクレームは無し。

参加した注目団体を挙げると、まずはNHK。小冊子の配布など。一昔前では考えられなかった。コミケ参加者がいろんな団体の中心に入り込んできて好意的に接してくれるようになった。企業もコミケで一緒に楽しもうとしている。

もう一つはボートレース多摩川。当初はボート展示も考えていたが、木製のため防災上NGとなった。若い人がこれでボートレースに行くようのなるのかな?

ボートレース多摩川はアイドルイベントを開催したり、新しい顧客層の開拓に積極的なイメージがあります。今回の企業ブースでも、現役レーサーの方々がコスプレしていたようで、これは生で見たかった。多摩川名物の牛炊、食べに行きたいなぁ。

毎回約50万人が参加するビッグイベント“コミケ”に多摩川ボートがブースを出していま… – JLC レジャーチャンネル (ボートレース専門チャンネル)

東456ホールの北側にある防災公園で有明防災フェアを開催した(一般社団法人DSCと共催)。今回は大々的に展開できなかったが、今後は大きなイベントに育てていきたい。次回以降もっと面白いイベントに。展示車両も充実したらいいな。

取材

設営日の夜にニコニコ生放送を行った。ウケが良ければ今後もやるかも。

ニコ生ではサークルと企業が同じ枠で告知をするというのが新鮮でした。視聴者プレゼントの受付がハガキのみっていうのがコミケっぽいなぁ。

取材は例年より少なめ、毎日200名前後。

NHK、1月12日放送「知られざる“コミケ”の世界(仮)」。初めて設営日から取材を入れた。取材スタッフがいろんな人にインタビューをしたら、みんな「コミケ最高」みたいな回答で、誰も否定的なコメントをしなくて謎だったという反応。映像にはある程度はボカしが入る。待機列の空撮もして「いい絵が撮れた」とのこと。

他のテレビ番組はTBS「あさチャン!」(放送済み)、テレビ東京「センニュウ★感」(2月予定)など。

中国の新華社など、海外からも取材が来た。

取材というとコスプレや企業ブースなどに集中しがちだが、コミケのベースはサークル参加者の集合体。いまのシャッター前のサークルも昔は島中からスタートした。一般参加者の反応でサークルが育っていく。コミケの本質を伝えてもらいたい。

スペシャル6

コミケットスペシャル6 – OTAKU SUMMIT 2015のプレ企画として、写真家の鈴木心さんの写真館を開設した。写真を撮ってもらいたい参加者を撮影して、その場で写真をプレゼントをする企画。代表も撮影してもらった。

トラブルなど

DVDカタログについて、Mac版の機能不足はネットでフォロー出来たが、iOSアプリが公開できずご迷惑をかけた。製作工程から見なおして夏に向けて準備したい。

コミックマーケット87DVD-ROMカタログサポートページ共信印刷

あとは日程の勘違い。設営日のフォークリフト業者が1日間違えて来なかった件のほかにも、印刷所や参加者が間違えてしまった件がちらほら。

救急車の出動はほとんど無かったが、2日目朝に腹痛→盲腸の疑いで運ばれていった方がいた。腹痛を我慢して会場まで来たが、10時前に救急車へ。来たい気持ちはわかるが、体調が悪かったら戦略的撤退を。最近は友達同士で来ても相手の本名や連絡先を知らないことが多い。せめて連絡先(実家など)の書いてあるものを用意して来て。コミケはまたあるので、1回は休んで。

あとは2日目に雨は降ったが、穏やかなコミケだった。

Q&A

Q1.ふ頭公園のコスプレエリアで、人の流れが詰まりやすい場所があった。今後の改善を要望。

A1.夏から使い始めた場所で、今後も使いやすいようにしていきたい。

3日目午後にふ頭公園を歩いてみましたが、西屋上や庭園エリアより空いていて写真は撮りやすそうでした。背景に海と船が映るというロケーションのおかげか、艦これやミリタリー系コスプレの方々が多かったように感じました。


Q2.コミケットスペシャル6に関する要望。くろケットが開催されるので、バスケコートも一緒に設置できないか。コスプレ撮影や、外国の方とのスポーツを通じた交流ができるのでは。

A2.そういう企画は進んでいる。コート全体は難しいが、ゴールは会場側から借りられそう。


Q3.サークルへの脅迫対策について。準備会側で対策方法や相談窓口の一覧を掲載できないか。

A3.ケースによって対応方法が違うので準備会から呼びかけるのは難しい。もし脅迫が来たら警察や弁護士と相談して対応していくしか無い。仲間を作って力を合わせることが大事。


Q4.コミケがビッグサイトに来て18年、3代表にとって印象に残った出来事は?

A4.
(安田)企業ブースを始めたこと。最初は反対の手紙も来たが、回数を重ねるうちに違和感無いと思う人が増えてきた。企業の中にもかつてサークル参加していた人が少なくない。

(筆谷)発火事件。会場から離れている間に事件が起き、戻ってきたら米澤代表(当時)が警察に行ってしまい、早朝戻ってきて「やる」と言ってコミケを開催したこと。1日目が終わった時点ですごく疲れた。

(市川)いろいろあるがひとつ挙げると金属バット事件。トラックヤードでスイカ割りをすることになり、金属バットを持って行ったら警備員に捕まった。スイカを持っていたサークルは逃げた(笑)。他には深夜に潜り込んだ参加者を捕まえたり…、スタッフも辛い中に楽しむ方法を知っている。そして、共同代表になったこと。

コミケがビッグサイトに来たのはC50(1996年8月)。自分はC61からの参加ですが、印象深かったのはスペシャル4の24時間耐久コミケと、昨年夏の猛暑。倒れなくてよかった…。


Q5.コミケのことを全く知らずに会場に来る参加者が増えていると思う。準備会として考えていること、我々ができることは?

A5.初めて来た人絡みのトラブルは昔からある。来る人達が目的を持ってくるようになればルールを調べるようになるし、仲間も増える。温かい目で見守っていく。


Q6.DVDカタログのiOS版アプリが公開されなかった件について。アプリ審査が通らない原因はサークルカット等のアダルト表現が絡んでいるのか?

A6.今回は表現規制が問題ではない。いつもどおりのスケジュールだったが審査に時間がかかっただけ。夏に向けてスケジュール管理をしっかりしていく。


Q7.SNKとハイスコアガールの問題について、準備会としての考えは?

A7.動きがまだ良くわからないので、今は見守るだけ。コミケ側としては大きな影響はないのでは。


Q8.サークル入場で、前回まではスタッフがサークル通行証を確認していたが、今回は箱に通行証を入れるシステムになっていた。この件について知りたい。

A8.「慣れ」が怖いので、いろんな方法を試している。偽造券の問題もあるが、サークル参加者を疑うようなことはしたくない。また、会場が変わった時のために入場方法もいろいろ検討しなくてはいけない。例えばスペシャルの行われる幕張メッセはビッグサイトより入口が狭かったりする。

設営棟梁からあいさつ

前回入院していた棟梁が1年ぶりに反省会に登場。

設営の時、参加者が投げた軍手の束が他の参加者のメガネに当たり、出血してしまった件があったが、作業中のケガ報告はなかった。

撤収では珍しく机・椅子の迷子は出なかった。

一本締めで終了。

この記事のタグ:

スポンサーリンク

前後の記事

▲ページトップへ戻る