橋本充電中 タイトル

週2回更新を目標に運営する系管理人

2002年に導入が始まった小田急3000形(通勤車)ですが、2004年に登場した3263×6編成(以下3263F)は、登場時から車体下部をすっぽりと覆う防音カバーが取り付けられ、長期間営業運転を行っていました。ここでは、営業運転初日の2004年2月14日の同編成の様子を紹介します。

営業運転初日の様子

小田急3263F
2004/02/14 町田
町田駅に入線する3263F。既にネット等で写真は見ていましたが、実際に目の前に現れた3263Fのあまりのインパクトにしばし凝視。

小田急3263F
2004/02/14 湘南台
営業運転初日は江ノ島線を中心に運用。湘南台駅に入線する3263F急行片瀬江ノ島行。

小田急3263F
2004/02/14 湘南台
3263Fを待っている時に現れた3256F。3000形のうち、初期に導入された編成(3251F~3262F)は前面の青帯が太いタイプでしたが、後に3263F(3次車)のように青帯が細いタイプに変更されています。

小田急3263F
2004/02/14 町田
江ノ島線を往復し、町田駅の引き上げ線で折返し準備中。発車前に沿道から防音カバーを観察。

小田急3263F
2004/02/14 町田
先頭部の防音カバー。乗務員用ステップの部分は既存のスカートで、ステップ右側から防音カバー。

小田急3263F
2004/02/14 町田
M車3413の台車部分。カバーの下から少しだけ車輪が確認できます。

小田急3263F
2004/02/14 町田
10000形HiSEと一瞬の顔合わせ。

その後の3263F

3263Fの防音カバーは2006年2月にM台車の部分を除いて取り外され、2008年7月にはすべてのカバーが取り外されました。

【参考資料】
・鉄道ダイヤ情報278号(2007年6月号)「小田急車両オールガイド2007(通勤車両篇)」交通新聞社

他の記事を探す

年別

会社・JR路線別

記事対象別

スポンサーリンク

▲ページトップへ戻る