橋本充電中 タイトル

雑記と写真の収蔵庫

電話着信でネットが切れちゃう!VDSLのリンク切れ現象を治してもらいました

我が家ではVDSL方式でインターネットに接続しています。速度もまずまずで、ネトゲや動画視聴でもあまり不便を感じませんが、前々から「電話をかける/電話がかかってくる」と、インターネットへの接続が切れてしまうという問題が起こっていました。不便な状態がつづいていたので、業者の方に見てもらいました。

ネット環境


図:BB Watchおしえてブロードバンド 第31回」を参考に、自宅環境を作図(一部省略)。
自宅のVDSLは壁面に取り付けられた電話回線用のモジュラージャックを使用。電話線でVDSLモデムへ接続し、そこからLANケーブルで無線LANルーターを経由し、PCに接続しています。

1.プロバイダに報告する(金曜日)

まず、サービスプロバイダにリンク切れ現象が起こる旨を報告すると、現在の機器の接続が正しいかを聞かれ、接続が正しいにもかかわらずリンク切れの現象が起きることを確認。「検証機を送りますので機器を繋ぎ変えてご確認ください」との返答。金曜日の電話で、数営業日中に送るとのことだったので、週明けまで待つことに。

…が、日曜日、予想外の速さで検証機が到着。

2.検証機で調査する(日曜日)

手書きで「検証機」と書かれた段ボール箱に、モデムと各ケーブル、回線分配器、インラインフィルタなど一式が入っていました。メインのルーターはいま使っているVTE5030のバージョンアップ版VTE5060。インラインフィルタも型番が違うもの。これとあわせて報告書も同封され、現象が起きたかどうかを書き込み、検証機一式と返送してほしいとのこと。そのための着払いの伝票も入っていました。

さっそく検証機に繋ぎ変えるも、残念ながらリンク切れ症状は改善せず。ちょうどそのタイミングでプロバイダ側から電話が。改善しなかったことを報告すると、マンション共有部の検査をするので都合のつく日程を聞かれる。共有部の検査で改善しない場合は宅内での工事をするそうです。

3.宅内工事(水曜日)

たまたま休みがあった水曜日、N電設の作業員さんがやってきました。

まずはマンション共有部の検査から。リンク切れの症状が出ている方のレポートを見ると、ここで原因が見つかることが多いらしいので、期待しつつ報告を待つと、工事終了の電話が。しかし、その電話の着信でリンク切れ…。結局、宅内にあがってもらい、検証機を使っての検査をしてもらうことに。

宅内に数カ所あるモジュラージャックで代わる代わる調査するも、結果は変わらず。もう一度共有部の検査に戻る。十数分後、モジュラージャックの位置を変えてチェックすると…おお、改善された!

じつは、壁面のモジュラージャックは1箇所に付き2つ付いていて(ネット環境の図参照)、普段使っていたコネクターAから、使用していなかったコネクターBへ切り替えるように共用部の配線を変更。その結果、電話が掛かってきてもリンク切れを起こすことは無くなり、問題は改善されました。

作業時間は2時間近くかかってしまいましたが、丁寧な対応と検査、本当にありがとうございました。

4.作業後

作業後、リンク切れの症状は起こらず、回線速度も今まで通り。これで動画視聴・ネットラジオの視聴・ネトゲの途中でネットが切断することもなくなりました。困っている方は早いうちに相談することをオススメします。

この記事のタグ:

スポンサーリンク

前後の記事

▲ページトップへ戻る