橋本充電中 タイトル

旅行・鉄道・競馬の話題を中心に、写真メインで雑記を書いています

サークル「橋本充電中」コミックマーケット93当選 31日東ハ23b

4回東京ざっくりまとめ 2歳馬デビュー編

気がついたら5回開催に突入していますが、マイペースに4回開催を振り返っていきます。今日は東京競馬場でデビューした2歳馬について、新馬戦を中心にしたまとめを。

放馬のち快勝!フェイトフルウォー

10/10(日)5R(芝1800m)、本馬場入場でフェイトフルウォーが田中勝春騎手を振り落とし、放馬してしまった。
5R新馬 フェイトフルウォー 放馬直後 5R新馬 フェイトフルウォー 放馬中
放馬後、2コーナーの方に行ったり、スタンド前に引き返してきたりと自分をアピール。全力で走っていなかったので、競走除外にならずそのまま出走。レースは1番人気のサトノペガサス(父ディープインパクト)に注目が集まるなか、直線で抜けだしたのは…

5R新馬 フェイトフルウォー ゴール前
あの放馬したフェイトフルウォー。後続を2馬身1/2と突き放し、快勝。放馬した馬が1着になり、ゴール後スタンドから拍手が聞こえてくるなど、注目度抜群。

実は放馬したさい、他の馬は安全のため、いったんゴール前で止まってから1コーナー側に移動。ほとんどの馬が返し馬を出来なかった中、悠々と「セルフ返し馬」で体をほぐしたフェイトフルウォー、やんちゃにみえて実は策士なのかもしれない…?

フェイトフルウォー(牡) Fateful War
父:ステイゴールド
母:フェートデュヴァン(メジロマックイーン)

ちなみにこの15分前、京都ではアルティシムスが本馬場入場時に放馬するも、見事デビュー勝ち。東西で放馬馬が大活躍した日なのでした。

母を超えるか ダンスファンタジア

天皇賞当日、10/31の3Rに登場したのがダンスファンタジア。母はダンスインザムード、2004年桜花賞・2006年ヴィクトリアマイルとGI2勝のほか、アメリカ重賞1勝、ほかのGIでも好走。そんな名牝の仔が、自身も2着経験のある天皇賞当日にデビュー。

3R 新馬 ダンスファンタジア 顔 3R 新馬 ダンスファンタジア 本馬場入場

パドックでは注目の的。馬自身はそんなことを気にせず落ち着いてを周回。

3R 新馬 ダンスファンタジア ゴール前
1番人気、単勝1.6倍の支持を受け、レースでは道中中団待機から、直線抜け出し後続に3馬身差をつけ快勝。

ダンスファンタジア(牝) Dance Fantasia
父:ファルブラヴ
母:ダンスインザムード(サンデーサイレンス)

目指すは母の勝った桜の舞台、そして、その先へ。

4回東京開催 新馬勝ち馬一覧

日付 距離 1着馬
母(母父)
騎手 2着馬(☆:勝ち上がり済)
10/9 ダ1600 ガムラン(牡) シンボリクリスエス
スカーレットベル
(エリシオ)
蛯名 トルバドゥール☆
10/9 芝1400 ゴシック(牡) マヤノトップガン
クリムゾンフレア
(サンデーサイレンス)
内田 エーブポセイドーン
10/10 芝1600牝 ビービーバカラ(牝) ゼンノロブロイ
フォレストビーナス
(エルコンドルパサー)
松岡 リアリーラヴユー
10/10 芝1800 フェイトフルウォー(牡) ステイゴールド
フェートデュヴァン
(メジロマックイーン)
田中勝 サトノペガサス☆
10/16 ダ1300 アポロアビリティ(牡) Tapit
Choral Belle
(Numerous)
北村宏 グレイドケイ
10/17 芝1600 イングリッド(牝) ディープインパクト
アンチョ
(ワイルドゾーン)
北村宏 アポロスカイナイト
10/17 芝2000 レインボーシューズ(牝) コマンダーインチーフ
メイクイットベター
(サンデーサイレンス)
田中勝 ネグレスコ
10/23 ダ1600 ブレイドバローズ(牡) Mr. Greeley
Silver Tornado
(Maria’s Mon)
北村宏 スガノテシオ
10/23 芝1800 ミレニアルドリーム(牡) ゼンノロブロイ
ウェルカムミレニアム
(Kendor)
三浦 トーセンマルス
10/24 芝1400 リアルインパクト(牡) ディープインパクト
トキオリアリティー
(Meadowlake)
後藤 コスモソルフェリノ
10/31 芝1400牝 ダンスファンタジア(牝) ファルブラヴ
ダンスインザムード
(サンデーサイレンス)
北村宏 キッズチェイサー
10/31 芝1600 カインバティック(牡) シンボリクリスエス
タイキジュリエット
(Crafty Prospector)
勝浦 コスモリゾルヴ
11/1 ダ1400 ホークウォリアー(牡) A. P. Warrior
Girl Gone Crazy
(Roar)
内田 ケイアイヘルメス

4回東京開催リーディングの北村宏司騎手が新馬戦だけでも4勝と大活躍。馬の方では、注目を集める父ディープインパクト産駒が2頭デビュー勝ち。3歳世代が大ブレークしたゼンノロブロイや、芝ダート共に活躍馬が出ているシンボリクリスエスの仔たちも2勝。

スポンサーリンク

この記事のタグ

この記事をシェアする

関連記事

前後の記事

▲ページトップへ戻る