橋本充電中 タイトル

旅行・鉄道・競馬の話題を中心に、写真メインで雑記を書いています

2012年 日本ダービー観戦記

2012年 第79回日本ダービー観戦記
やってきましたダービーデー。雨だった昨年とはうってかわって朝からいい天気。2年分晴れたような感じでしたねぇ。

日本ダービー

皐月賞馬ゴールドシップを信じて本命に。この血統だし、距離は伸びても大丈夫だと勝手に確信。しかし相手選びが難しい。ディープインパクト産駒が7頭出しで、どれも似たようなイメージが湧いて迷ってしまう。皐月賞上位組を基本にしようと思っていたら、京都新聞杯レコードのトーセンホマレボシ、青葉賞でそこそこ強い勝ち方のフェノーメノなど、トライアル組もレベルが高そう。ただ、本命級の馬に差し・追い込み馬が多いのが気がかり。

さて、レースの結果は…?

日本ダービー ゴール直後 10ディープブリランテ・11フェノーメノ・8ワールドエース
ディープブリランテ、外フェノーメノが並んでゴールイン。ゴール後、馬上でお互いが顔を見合わせる。さあ勝ったのはどっちだ?

レース後、ダートコースから戻ってこようとする両馬。そこに掲示板の数字が点灯し、1着は10!

哲三「岩田、お前勝ってるよ!」 ユタカ「お前勝ってるよ!」

哲三「岩田勝ってるよ!」
ユタカ「岩田勝ってるよ!」

(と言ったかどうかは知らない…)

岩田騎手、馬上で涙
二人の合図に気がついたのか岩田騎手、スタンドの前に戻ってきて馬上で涙。ここ最近はヴィクトワールピサやアンライバルドで1番人気になりながらも結果が出せなかったが、ついにダービーに手が届きました。

勝ったディープブリランテはディープインパクト産駒。2歳時は不良馬場の東京スポーツ杯2歳ステークスで快勝。前走皐月賞3着でした。

ハナ差2着だったフェノーメノ。デビューは天皇賞(秋)当日の東京で、青葉賞を勝ってダービー参戦。東京を一番良く知っている馬だったのではないでしょうか?大きい大きいハナ差に、蛯名騎手はレース後涙を流していたようです。しかし、青葉賞→ダービー2着はゼンノロブロイ・シンボリクリスエスが通った道。古馬で主役級に躍り出るかも…?

2着フェノーメノ蛯名悔し泣き/ダービーニッカン

日本ダービー ゴールドシップ パドック
本命、皐月賞馬ゴールドシップは5着。スタート後、内田騎手の手がガシガシ動いていたが反応が鈍く道中は後方。最後の直線では外目を追い込んでくるも、前に届かず。

日本ダービー ジャスタウェイ パドック
ずっと注目してきたジャスタウェイは11着。この馬も後方待機で展開が向かず。しかし大和屋オーナーはすごい!初めて所有した馬(それも1頭だけ)でダービー出走を果たすんだから。今後もGI制覇を目指して頑張れジャスタウェイ!

その他のレース

むらさき賞 フェイマステイル パドック
9R、むらさき賞にグラスワンダー産駒フェイマステイルが出走。久々の競馬で7着。前回勝ったのが菊花賞デーだったので、ダービーデーでも勝つ!…とは行かなかったのね。次は勝てますように。

トーセンジャガーなど≪東京9・11R≫レース後のコメント(5/27) | 競馬ラボ

目黒記念 ゴール前
ダービーデーのラストといったら目黒記念コスモヘレノスがいないのでスタンドからのんびり見ていました。こちらもディープインパクト産駒のスマートロビンが重賞初制覇。ダノンバラードはこのままだと夏の収得賞金半減で1600万以下に降級するようです。

東京競馬場 パドック
朝から最終レース終了後までずっといい天気で、とても気持ちいい1日でした。お陰でミントジュレップを飲むペースも早くなり、午前中はぐったり…。毎年こんな天気の下でダービーが見られたらいいのになぁ(一年前のことを思い出し、遠い目)。

スポンサーリンク

この記事のタグ

この記事をシェアする

関連記事

前後の記事

▲ページトップへ戻る