橋本充電中 タイトル

雑記と写真の収蔵庫

第5回ヴィクトリアマイル(GI)観戦記

ブエナビスタ内

東京競馬場5週連続GIの二週目、ヴィクトリアマイル。ドバイ帰りのブエナビスタとレッドディザイアの直接対決に注目が集まりました。

ブエナビスタ

まずはパドック。ブエナビスタはいつものように黄色メンコをつけて周回。前走はドバイシーマクラシック(メイダン・芝2410m)を2着。帰国後初戦、810mの距離短縮がどう出るか。

レッドディザイア

同じくドバイ帰りのレッドディザイア。ドバイではアル・マクトゥームチャレンジラウンド3(メイダン・AW2000m)1着とドバイワールドカップ(メイダン・AW2000m)11着と2走。前走の大敗が気になりますが、パドックを見る限りでは元気そう。

ブエナビスタ返し馬

続いて本馬場入場。ブエナビスタは外ラチ沿いをゆっくり歩き、走りだすという返し馬。ウオッカを思い出す返し馬の仕方で、目の前を駆け抜けていきました。

ブラボーデイジー

本馬場入場の際に落鉄し、蹄鉄を打ち直したブラボーデイジーが遅れて入場。昨年の2着馬で、前が残りやすい今日の馬場では怖い存在。

ヴィクトリアマイル直線の攻防

数分遅れでヴィクトリアマイル発走。[11]ブエナビスタと[17]レッドディザイアはお互いを意識しあうかのように中盤のやや後方に待機。直線に入ると外から追い上げてきました。内では[2]ヒカルアマランサスが伸びてきて抜け出す勢い。

ヴィクトリアマイル入線直後

ゴールでは内の[2]ヒカルアマランサスと外の[11]ブエナビスタが並んで入線。3着以降も大接戦。写真判定の結果、ブエナビスタがクビ差抜け出し、ヴィクトリアマイルを勝ちました。これでGIは阪神ジュベナイルフィリーズ・桜花賞・オークスに続いて4勝目。一方[17]レッドディザイアは[2]ヒカルアマランサス、[10]ニシノブルームーンに続いて4着。次走は互いに宝塚記念を目指すそうで、中距離で逆転するのかが気になります。

ブエナビスタ

ブエナビスタはスタンド前をウイニングラン。丁度目の前に来たとき、横山典弘騎手が手をゴーグルにかけ、上についていた透明のゴーグルを外したかと思うとスタンドにポーンと投げ入れた!数メートル先を飛んでいくゴーグル。生で、しかも目の前でこんな後継が見られるとは…。

終了後はレース回顧と、今年のJRAのCM曲を歌うラムジのミニライブを見て帰宅。GIっていいなぁ。

おまけ

テレ玉くん

当日はテレビ埼玉杯も行われ、場内ではテレ玉グッズの販売やテレ玉くんが登場。ターフィーにげてー!あ、メモ帳買いました。

この記事のタグ:

スポンサーリンク

前後の記事

▲ページトップへ戻る