橋本充電中 タイトル

雑記と写真の収蔵庫

相模原市内のリニア走行ルートをたどってみた(神奈川県駅~相模川)

9月18日、JR東海がリニア中央新幹線に関する環境影響評価準備書を公開し、品川~名古屋間の詳細な走行ルートが判明しました。地元、相模原市内には神奈川県駅(橋本駅付近)と、車両基地(鳥屋付近)の設置が決定。2027年の開業に向けて、今後建設工事が始まるものと思われます。

ルート決定記念?ということで、さっそく神奈川県駅(橋本駅付近)~相模川間のリニア走行ルートをたどってみました。なお、記事内のリニア走行ルートは、公開されている地図を元に独自に作図したものです。

中央新幹線|JR東海
相模原市内の詳細な走行ルートは「神奈川県」→「環境影響評価関連図」→「関連図4~9(PDFファイル)」で確認できます。

走行ルート写真集

撮影地点


より大きな地図で リニア中央新幹線 神奈川県駅前後 を表示

神奈川県駅(橋本駅付近)

神奈川県駅予定地
▲JR橋本駅の東側にある県立相原高校リニア神奈川県駅予定地。品川から伸びるリニアルートは中央区宮下本町付近で相模原市内に入り、橋本駅東側(アリオ橋本の前)から神奈川県駅に入線する予定。現在の相原高校は後述の職業能力開発総合大学校跡地に移転予定です。

橋本駅南口 橋本駅南口
▲現在の橋本駅南口。渋滞の原因となっている送迎用マイカーの乗降スペースの新設工事中。

橋本地区における取り組み | 相模原市

国道16号線

国道16号 橋本変電所前交差点
▲神奈川県駅を出ると、国道16号線の橋本変電所前交差点付近を通過。(写真奥が八王子・川越方面)。

職業能力開発総合大学校跡地

職業能力開発総合大学校跡地
▲緑区橋本台の職業能力開発総合大学校跡地の西側地下を斜めにリニアは通過。品川からちょうど40km地点。

職業能力開発総合大学校 相模原キャンパスは2010年に小平キャンパスへの統合移転が決定し、現在は廃校になっています。

この24万平方メートルの敷地に、神奈川県駅予定地にある県立相原高校(9万8000平方メートル)が移転してくる予定。現在の相原高校からは直線距離で西へ1.5kmの位置で、相原高校の他に、橋本駅そばにある協同病院も移転する計画があるようです。

リニア駅、相原高の地下に(読売新聞)(2013/09/18)
協同病院が職能大跡地に移転を計画/相模原(カナロコ)(2013/03/02)

相模川

新小倉橋から相模川下流を眺める
▲品川から42km、ここまで地下を走り続けてきたリニアは相模川の手前で地上に出て、高架で相模川を越えます。手前は県道510号線小倉橋。
(リニア軌道・橋脚は準備書のあらましを参考に独自に作図合成したもの。)

建設中の圏央道 建設中の圏央道
▲相模川の西側では圏央道・相模原インターチェンジの建設作業が進んでいます。この区間は2013年度中に開業予定ですが、相模原インターチェンジは1年遅れの2014年開業予定。

相模川の先

相模川を越えたリニア中央新幹線は、再度地下に潜り、47km付近で車両基地へ向かう軌道が分岐。本線は道志川を越える部分のみを除いて地下を走行し続け、山梨県上野原市へ突入します。

今回はここまで。近いうちに鳥屋の車両基地予定地などにも足を運びたいとおもいます。リニアルート(サムネイル用)

この記事のタグ:

スポンサーリンク

前後の記事

▲ページトップへ戻る