橋本充電中 タイトル

週2回更新を目標に運営する系管理人

中山競馬場 ゴール板
うっまっどんなっ!

中山競馬場 パドック
うっまっどんなっ!

今日はMy Sweet ウマドンナの背景探訪…ではなく、朝日杯フューチュリティステークス(GI)の観戦です。グラスワンダー産駒期待の2歳馬ニンジャが連闘で出走。関東圏初出走ということで、鼻息荒く中山競馬場へ行って来ました。

朝日杯FS ニンジャ パドック
パドックにニンジャほか出走馬が登場。関東への輸送に加え、GIのパドックということでイレ込まないか心配していましたが、終始おとなしく周回していて一安心。メンコには手裏剣マークではなく、「参上」の2文字が刺繍されていました。

朝日杯FS ニンジャ 本馬場入場 朝日杯FS ニンジャ 本馬場入場
本馬場入場。参上メンコを外して手裏剣メンコでコース入りしました。

いよいよレーススタート。好スタートから先行するニンジャは少しかかり気味。ようやく落ち着いたかと思ったら3コーナーで中団までズルズル後退。直線は馬群がゴチャつき、前をスノードンに横切られ、鞍上が立ち上がるシーンも。

結果は15着/16頭。連闘でよく走ったよニンジャ。

朝日杯FS ゴール前
勝ったのは1番人気のアルフレード。直線うまく内をついて馬群から抜け出し、2着以下に2馬身差を付けて快勝。

朝日杯FS レース後引き上げてくる各馬
引き上げてくる各馬

中山ウインタープレミアム フェイマステイル
この日は3場でグラスワンダー産駒が大量出走。愛知杯のシースナイプは5着、中山12R、中山ウインタープレミアムのフェイマステイルは8着でした。

さて、今週は有馬記念。アーネストリーの走りに期待ですが、まずは枠順が内になることを切実に願うのであります。

2011年ジャパンカップ
凱旋門賞馬デインドリーム、ドバイワールドカップ馬ヴィクトワールピサが参戦し、豪華対決となった第31回ジャパンカップ。果たしてどんな結末になったのか…。

6R ムカワタイガー
JCデーにグラスワンダー産駒も参戦!(お約束)。

6Rのムカワタイガーは新たに武士沢騎手を迎えての一戦でした(13着)。

記事の全文を表示する

ジャパンカップ外国馬公開調教

凱旋門賞1・2着馬が参戦する今年のジャパンカップ。一足早くその姿を見ようと、24日早朝に行われた外国馬公開調教に行って来ました。

早朝の東京競馬場

朝日が眩しい東京競馬場。前の晩は雨が降り、足元が少し濡れていました。7時の開門時点で30人近くが待機していたと思います。

各馬の様子

番号は調教ゼッケンのものです。

21 ミッションアプルーヴド Mission Approved (アメリカ)

ミッションアプルーヴド ミッションアプルーヴド
ミッションアプルーヴド ミッションアプルーヴド

7:15の調教開始時間と同時に出てきたのはアメリカ馬ミッションアプルーヴド。ダートコースを右回りで2周。キャンターで軽く流していました。

22 デインドリーム Danedream (ドイツ)

デインドリーム デインドリーム
デインドリーム デインドリーム

ミッションアプルーヴドが退出してから25分。今年一番の注目馬、凱旋門賞1着のデインドリームが登場。ヨーロッパ勢は3頭一緒に出てきましたが、デインドリームは一頭だけ角馬場に行き、体をほぐしてからダートコースへ。1週だけ軽く流すだけでしたが、しきりにカメラのシャッターが切られていました。ダートコースから出た後も角馬場で落ち着かせてから厩舎に戻って行きました。

地下馬道から出てくるサラリンクス(手前)とデインドリーム(奥)

▲地下馬道から出てくるサラリンクス(手前)とデインドリーム(奥)

23 サラリンクス Sarah Lynx (フランス)

サラリンクス サラリンクス
サラリンクス

サラリンクスはデインドリーム・シャレータと共に登場。地下馬道からダートコースに入り1周。退出時、何かに驚いたのか少し暴れていたのが気になります。

24 シャレータ Shareta (フランス)

シャレータ シャレータ
シャレータ シャレータ

凱旋門賞2着のシャレータもダートコースで調教。精力的に2周し、最後に引き上げていきました。

シャレータ(左)とデインドリーム(右)

▲今年の凱旋門賞1・2着馬のツーショット(後ろから)。

今年は「少数精鋭」な外国馬勢。果たしてジャパンカップではどんな結果を残すのか?ジャパンカップは11月27日午後3時20分発走です。

雨の中行われた第78回日本ダービー(東京優駿)は、オルフェーヴルが優勝、二冠達成しました。悪天候とはいえ年に一度、馬たちにとっては生涯一度の決戦。朝から張り切って観戦してきました。

記事の全文を表示する

青葉賞でテンションが上がり、GWを満喫するぞと思っていたら、翌日から高熱で寝こんでしまい、GW前半が完全に飛んでいってしまいました。治ってからももほとんど外に出ず、さすがにこのままではダメだなと、5月5日、GIかしわ記念の行われる船橋競馬場へ行ってきました。
記事の全文を表示する

1 / 212

▲ページトップへ戻る