橋本充電中 タイトル

旅行・鉄道・競馬の話題を中心に、写真メインで雑記を書いています

あの夏で待ってる 小諸~木崎湖背景探訪(2) 木崎湖編

木崎湖(長野県大町市)
■この記事は 2012春 小諸~木崎湖背景探訪 小諸編の続編です。

あの夏で待ってるの背景探訪、2日目は12話(最終話)で登場し、おねがいシリーズでもおなじみの木崎湖を巡ります。

・画像が多いので読み込みに時間がかかります

■4月10日 午前9時00分 松本駅
駅近くのホテルで一泊し、2日目はゆっくり出発…のはずが、寝ている間に充電しておいたはずのスマホのケーブルが抜けている失態。やってまった…。結局、出発前ギリギリまでスマホ充電をして、写真を撮る暇もなく大糸線に乗車。

大糸線 E127系 信濃大町
▲大糸線E127系100番台(信濃大町駅)に乗車。

E127系に揺られること1時間。信濃大町を越え、木崎湖が見えてきたぁ!

海ノ口駅
▲海ノ口ついたー

海ノ口駅 駅舎
うわぁぁぁ5年振りだ…。

海ノ口駅 南小谷方
▲海ノ口駅前を通る国道から、43キロポスト付近を見る。前日の木崎湖周辺は小雨が降っていたようですが、今日はいい天気。

久しぶりに訪れたのでゆっくり滞在したかった…が、今回は10分後にやってくる松本行に乗車し、おとなりの稲尾駅へ。たった1区間を乗る客もそういないだろうなぁ。

稲尾駅
▲3分で稲尾駅到着。ここから木崎湖畔を歩いていきます。

木崎湖湖畔
▲対岸の木崎湖キャンプ場へ向かいます。

木崎湖 湖畔
▲この景色も久しぶりだなぁしみじみ。

湖畔を歩くこと2.2km。木崎湖キャンプ場に到着。

木崎湖キャンプ場
▲並木を抜けると…

木崎湖キャンプ場
「頭の中にあるイメージの場所」木があって、池があって…

木崎湖キャンプ場
▲キャンプ場にたったひとり、波の音だけが聞こえる中、しばし立ち尽くす

木崎湖キャンプ場 桟橋
▲久しぶりに桟橋に上がってみる。そーっと…

木崎湖キャンプ場 桟橋 木崎湖キャンプ場 桟橋
▲桟橋から見たキャンプ場全景

木崎湖初訪問@2002年
▲木崎湖キャンプ場@2002/03/26

2002年、おねがい☆ティーチャーの背景探訪で初めて木崎湖を訪れ、その後もおねがい☆ツインズの背景探訪などで何度か足を運んだこの場所。初訪問から10年目にまたここに立てるなんて、本当に来てよかった

木彫りのみずほ先生 おねがい☆ティーチャー放送開始10周年
▲事務所にある木彫りの風見みずほ先生像を拝見。

これで今回の探訪の目的を果たしたので、神奈川に帰ります…が、せっかく長野に来たので、何箇所か寄り道して帰ることに。

南松本駅
▲南松本駅で貨物の入換作業を観察。写ってないのも含めてDE10を3両確認。

塩尻駅 東京・名古屋方
▲塩尻駅。左が東京方面で右が名古屋方面。
ここで中央本線辰野支線を走る123系を撮ろうとカメラを構え、待つこと数分…

115系N52編成 2連 塩尻
115系代走!

普段ならここで落胆してしまうところですが、今回に限ってはまさにラッキー!なぜなら、あの夏で待ってる12話に出てきた115系2両編成を最後の最後で撮れたから!いやぁ寄り道してよかった。

115系N52編成 車内
▲ただ、車内はリニューアル済みなので、アニメ本編とだいぶ様子が違います。

115系N52編成 車内
▲非常灯まわり。

さて、アニメ内で出てきた115系の方向幕は、白地に普通・ワンマン(2段)と書かれていましたが、この表記はしなの鉄道で用いられているもので、JR線内では使用していません。

しなの鉄道115系 S8編成 小諸
▲(左)白地「普通ワンマン」はしなの鉄道独自の表記

このあと、塩尻-小淵沢-甲府-高尾-八王子-と乗り継いで帰宅。見事18きっぷを使い切ることが出来ましたー(感想そこなの?

■最後に
小諸編・木崎湖編の画像キャプション・アイキャッチ画像タイトルにあんずいろapricot×colorで配布されているあんずもじを使用しました。

スポンサーリンク

この記事のタグ

この記事をシェアする

関連記事

前後の記事

▲ページトップへ戻る